iphone用アプリ開発で企業ランクUP~認知度上昇計画~

スマホ

制作完了までの流れ

スマホ

アプリ制作は初心者の方でも出来ますが、やり方やノウハウがなければ躓く可能性も高くなります。始めると意気込んだとしても、準備が出来てない場合や流れが間違っては元も子もないですので、最低限流れだけでも把握してから始めるようにしましょう。一番始めに行なう事は準備でしょう。アプリ制作を行なうにはツールが必要となりますので、ツールの準備から行ないましょう。開発環境や開発目的によって準備する物が異なりますので、インターネットなどで情報を集めて準備をしましょう。次は、企画を実現するために必要な事を書き起こします。アプリと仕手の機能や追加したい要素、アイディア出しなどをなるべく多くしておくと良いでしょう。削除は簡単ですが、追加する場合は遅れた分だけ大変になりますので、なるべくは準備段階でブレないようにしましょう。

企画などの準備が済んだら本格的にアプリ制作に入っていきます。画像加工ソフトなどを使用してアイコンや画像などを制作しましょう。画像やボタンなどはユーザーが使用しやすくなるかどうかにも関わってくる大事な事ですのでしっかりと作り込みましょう。画像関係は妥協しないようにするとクオリティーを高く見せられます。画像などが揃ったらプログラミングにシフトします。機能などを全てソースコードで打ち込み、画像などを全て配置します。アプリ制作が完了したら、デバック作業などを細かく行なってバグが出ないように調整したら完成です。アプリを登録したいサイトに会員登録を行なってリリースします。申請や審査などがありますので、登録サイトから了承が得られれば無事にリリース出来ます。出来なかった場合は、デバック作業や出来なかった理由などを修正して再度挑戦しましょう。アプリ制作の簡単な流れですので、企業によってやり方が異なる場合もあるでしょう。しかし、基本的には同じような流れとなっていますので、これを参考にして自分達なりのやり方でアプリ制作を進めましょう。